356と共に!(漫画浪漫堂) 356も漫画も大好きだけどほとんどがエロメタ親父の日記です(^^ゞ

<<  2007年 10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近のコメント
TJさん私のとこ…
ぽる 09/24 07:31
昨日のログインもでき…
TJ 09/24 01:21
昨日のログインもでき…
TJ 09/24 01:17
赤の’57さんコ…
ぽる 09/23 11:09
torimieさん…
ぽる 09/23 10:42
イトヤンさんもう…
ぽる 09/23 10:36
るうふさん移転し…
ぽる 09/23 10:21
サクサクと動くように…
赤の’57 09/22 23:21
メアドはね、日本語変…
torimie 09/22 23:15
もう 終わりだね
イトヤン 09/22 22:40
最近の記事
新規オープン?
04/20 19:49
さよなら!バイバイっ…
09/24 09:30
移行検討中!
09/23 10:29
あぁ~~~めんどくせ…
09/22 21:46
ダメダメホビダス!
09/22 18:24
投稿できるかな?
09/21 23:25
セーラーマーズ!
09/20 22:09
マジっすか!?
09/19 17:16
ポケモン・B!
09/18 07:04
トーンダイヤル!
09/15 23:52
パワー・バランス!
09/15 22:03
全国衛生労働週間!
09/14 20:59
天国?から地獄!?
09/13 22:51
スポーツ色エロ!?
09/12 21:51
9、11の謎!
09/11 23:31
アプリ!
09/10 23:51
シェルカバー!
09/09 23:07
ソラニン!
09/08 18:38
JAF!
09/07 21:58
175R!
09/06 22:51
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
F1-sales.c…
06/24 15:10
F1-sales.c…
06/24 15:10
F1-sales.c…
06/24 15:10
SOFT BANK …
03/05 22:45
SOFT BANK …
03/05 22:45

象の背中!

象の背中

秋元康原作の小説です。

48歳、中堅不動産会社部長。中年男にある日下された宣告-「余命半年」。
男は肺ガンに侵されていた。逃れようのない半年後の死。男は残りの半年をどう生きたか? 
理解ある妻、頼もしい息子、かわいい娘、そして、美しい愛人にも囲まれた男の生き方は、「男の理想」!?

象は死期を察知した時、群から離れどこか知らない場所へと向かう・・・ということからタイトルつけられたということだが。。

連載時から「男の身勝手」と賛否両論だったが、この男の半年は、涙なしには読めない! 誰でも身近な人間の死を経験しているはず。そして、誰にでも死は必ず訪れる。


今朝めざましでこの作品を アニメにして夜の新宿で放映したところ大反響だったといっていた・・・
映画にもなる!
ドラマにもなる!

そしてアニメにも・・・・


余命を知らされたら・・・

知人の大工さんが 告知された後昼は普通に仕事して 夜自分の家を大改装して完成させ亡くなられた・・・

仕事にも行ったが 休憩の時など
「自分は癌でもうすぐ死ぬんだよっ!。」
って 明るく言うもんだから 全然信用してなかった!!!

自分だと・・・
余命知らされ 普通の生活できるのだろうか???

嫁、子供に普通に接することできるだろうか???
我がままになり 金使い放題!!!・・・

絶対そうなるな!!!人間できてないから!!!(T_T)
日記 | 投稿者 ぽる 12:05 | コメント(14)| トラックバック(1)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。

象の背中シリーズ!

前に書いた 秋元康原作 「象の背中」・・・ それを元に アニメ「象の背中」シリーズが作られ主題歌『旅立つ日』をうたうJULEPSというグループの映像が見つかりました・・・ 涙が止まりません!!! 覚悟して見てください!!!

漫画浪漫堂 2007/10/26 22:46
コメント

ーーー自分のために生きるか?

ーーー家族のためにいきるか?

損得で割り切れることはありえない問題ですが、病気や余命を自分でどう受け止めるかが重要になってくるのかなぁと思います。

私も仕事柄他人様の沢山の死の場面に会ってきました。

死は平等に訪れるものです。事故かもしれない、病気かもしれない・・。
だからこそ一日を大事に生きなければと思いますね

ある人が「人とは選べることと、選べないことだ」
といいました。
選べないこととは命のことです。
選べないこととは心と行動のことです。

(=ω=)y~・・・
投稿者 ぽんこ 2007/10/23 13:40
(:^^)↑間違いました。
「人生とは~」。。。です
選べることとは心と行動です~~でした。(汗
投稿者 ぽんこ 2007/10/23 13:45
一人者の私は、どうするか後のことを考えると人生の残務処理で終わりそうです。。
投稿者 TJ 2007/10/23 13:49
答えはないのに 答えが聞きたくて投稿したのかも???

それに対して コメントくださいまして ぽんこさん、TJさんありがとうございました。。。m(__)m

昼まっから思い投稿で どうもすいませんでした・・・^^

ぽんこさん
>だからこそ一日を大事に生きなければと思いますね

その通りですねっっ^^

TJさん
>人生の残務処理で終わりそうです。。
いえいえ!まだまだお若いのですから・・・

これからどんな素敵な出会いがあるのかと思うと人事ながら羨ましいぽんこさん、TJさんですからね~~~

私はもう・・・・(自主規制(-_-;)
投稿者 歩瑠(ぽる) 2007/10/23 17:01
私は、自分の残った財産は、(有るのか?)
ユニセフか、赤十字に寄付する様、遺言を残します。
投稿者 sawacchi 2007/10/23 21:42
sawacchiさん

歩瑠か ぽるに寄付する様、遺言を残してください!!!^^
投稿者 歩瑠(ぽる) 2007/10/23 21:47
じゃ、2人目の婿養子候補として、
お世話になろうかな。
TJさんのライバルか。

あ、もう一つ聞かれてた事、忘れてました。
この前まで、自車のラジコンは売ってました。
投稿者 sawacchi 2007/10/23 23:07
人生、先が見えないから頑張れるのでは
余命宣告されるころには
元気に動けるのは数ヶ月
後は痛みとの戦いモルヒネ打たれて意識ないじょうたいだそうです
だから楽しい思い出元気なうち沢山作りましょう
以前は今死んでも悔いは無いと思いましたが
余命宣告されたら恐怖心、先にきて自分見失うだろうな
投稿者 イトヤン 2007/10/23 23:40
黒澤明の「生きる」も余命宣告された男の生き様を描いた映画で、心を打たれました。
自分がそうなったらどういうことになるか…、想像つきません…。
ぽんこさんの「死は平等に訪れる…」は重みのある言葉です…。
今日死んでも悔いはない…という人生を送っていたいものですが、まるでまるで…
投稿者 赤の’57 2007/10/24 09:09
sawacchiさん
でっかい養子が2人も・・・(^_^;)

全車のラジコンあるんですか???^^
投稿者 歩瑠(ぽる) 2007/10/24 11:54
イトヤンさん
>人生、先が見えないから頑張れるのでは
先がないとなると・・・(^_^;)

普通にできるだけの強靭な気持ちは 普通の人はもってないでしょうね~~~
投稿者 歩瑠(ぽる) 2007/10/24 11:59
赤の’57 さん
ブランコで佇む志村 喬の名演技がよかったですね~~~

ラオウの 『わが生涯に一片の悔いなし!!』と言って死にたいものです!!!^^

まるでまるで・・・の後が気になります!?(^_^;)
投稿者 歩瑠(ぽる) 2007/10/24 12:14
いま、ごく身近な人がもう一週間持たないだろうという状況に置かれています。歳はもうすぐ八十歳です。本人はもうだめだということがわかっていると思います。四十代、五十代の人も八十代の人にとっても、死と向き合うというのは同じなんじゃないかとベッドの横で考えていました。やっぱり幾つになっても死にたくないです。悔いのない人生なんてないと思います。ひとつやれば今度はあれもやりたい、これもやりたい。きりがないと思います。
私も最後はいやだ、いやだ、死にたくない。
と思いながら死んでいくんでしょうね。
投稿者 N1 2007/10/24 21:23
N1さん
そうですね~~~
死んだ人が悔いあったか無かったなんて解りませんが残った者が悔いなく死なせてあげれた!って思える死に方させてあげたいですね~~~^^

うちの親父は もうすぐ80になりますが 朝起きた時いつも 
「あ~~~また目が開いた!!!南無阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!」って思うそうです!

やっぱりまだまだ死にたくないんでしょうね~~~
投稿者 歩瑠(ぽる) 2007/10/24 22:34
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]