356と共に!(漫画浪漫堂) 356も漫画も大好きだけどほとんどがエロメタ親父の日記です(^^ゞ

<<  2007年 5月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のコメント
TJさん私のとこ…
ぽる 09/24 07:31
昨日のログインもでき…
TJ 09/24 01:21
昨日のログインもでき…
TJ 09/24 01:17
赤の’57さんコ…
ぽる 09/23 11:09
torimieさん…
ぽる 09/23 10:42
イトヤンさんもう…
ぽる 09/23 10:36
るうふさん移転し…
ぽる 09/23 10:21
サクサクと動くように…
赤の’57 09/22 23:21
メアドはね、日本語変…
torimie 09/22 23:15
もう 終わりだね
イトヤン 09/22 22:40
最近の記事
新規オープン?
04/20 19:49
さよなら!バイバイっ…
09/24 09:30
移行検討中!
09/23 10:29
あぁ~~~めんどくせ…
09/22 21:46
ダメダメホビダス!
09/22 18:24
投稿できるかな?
09/21 23:25
セーラーマーズ!
09/20 22:09
マジっすか!?
09/19 17:16
ポケモン・B!
09/18 07:04
トーンダイヤル!
09/15 23:52
パワー・バランス!
09/15 22:03
全国衛生労働週間!
09/14 20:59
天国?から地獄!?
09/13 22:51
スポーツ色エロ!?
09/12 21:51
9、11の謎!
09/11 23:31
アプリ!
09/10 23:51
シェルカバー!
09/09 23:07
ソラニン!
09/08 18:38
JAF!
09/07 21:58
175R!
09/06 22:51
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
F1-sales.c…
06/24 15:10
F1-sales.c…
06/24 15:10
F1-sales.c…
06/24 15:10
SOFT BANK …
03/05 22:45
SOFT BANK …
03/05 22:45

課長 島耕作!

課長島耕作

弘兼憲史作 「課長 島耕作」・・・

主人公は、団塊の世代に属し、大手家電企業「初芝電器産業」に勤務するサラリーマンである。
作品が掲載された当初の島は、どちらかといえば小心で保身を考える平凡なサラリーマン像に描かれており、作品内容もオフィスラブなどの個人的な身辺事が主たるものであった。

作品は大企業内部の派閥抗争や企業戦略に基づく経営展開などのマクロな経済世界へと舞台の主軸を移していった。それに伴い島耕作は、揺れ続ける社内派閥の動向の中でも自身の信念のみに従って行動する人物として描かれていき、度重なる苦難に直面しても、前進する意思と幸運さですべて乗り切ってしまう。

多彩な女性関係を指して、女性を単なる手段としか見ていないとする強い批判もある。。。

でも 実にうらやましい・・・こんなサラリーマンならなってみたい!!!

部長島耕作

部長になったが島の敬愛する社長が退任して、その反対派が社長となったことで、島は関連会社への出向を命じられる。しかし島は持ち前の前向きさと柔軟さで出向する先々で関連会社の経営立て直しに成功する。そして・・・

取締役島耕作

取締役になった島は、初芝電器産業の取締役として中国へ派遣されることになるが、それを通して急成長する中国経済が描かれることとなる。島の恋愛・性交も相変わらずで、60歳を目前にした島の絶倫ぶりは、同世代の読者へ夢と希望を与えた。。。

ついに・・・

常務島耕作

引き続き常務になった島の中国担当としての活躍が実り2006年専務に昇進し連載が終了した。

島の若いときの物語も描かれている。。。
ヤング島耕作

この作品で 島の出身地が、作者と同じく山口県岩国市であることが明らかにされた。


現在は

専務島耕作

専務取締役になり中国を担当するほか、アメリカ担当も兼任することになった物語と 主任になった若いとき編とが同時に進行している!!!

最後は 「取締役代表 島耕作」か 「社長 島耕作」あるいはクーデターが起き、島が失脚、退職・・・
そして、新たに起業して「起業家 島耕作」
はたまた 政界に進出して 加治隆介と出会う・・・
なんてのも面白いかも・・・

はぁ~~~長くなってしまった・・・(笑
マンガ | 投稿者 ぽる 12:33 | コメント(8) | トラックバック(0)

課長 島耕作!

課長島耕作

弘兼憲史作 「課長 島耕作」・・・

主人公は、団塊の世代に属し、大手家電企業「初芝電器産業」に勤務するサラリーマンである。
作品が掲載された当初の島は、どちらかといえば小心で保身を考える平凡なサラリーマン像に描かれており、作品内容もオフィスラブなどの個人的な身辺事が主たるものであった。

作品は大企業内部の派閥抗争や企業戦略に基づく経営展開などのマクロな経済世界へと舞台の主軸を移していった。それに伴い島耕作は、揺れ続ける社内派閥の動向の中でも自身の信念のみに従って行動する人物として描かれていき、度重なる苦難に直面しても、前進する意思と幸運さですべて乗り切ってしまう。

多彩な女性関係を指して、女性を単なる手段としか見ていないとする強い批判もある。。。

でも 実にうらやましい・・・こんなサラリーマンならなってみたい!!!

部長島耕作

部長になったが島の敬愛する社長が退任して、その反対派が社長となったことで、島は関連会社への出向を命じられる。しかし島は持ち前の前向きさと柔軟さで出向する先々で関連会社の経営立て直しに成功する。そして・・・

取締役島耕作

取締役になった島は、初芝電器産業の取締役として中国へ派遣されることになるが、それを通して急成長する中国経済が描かれることとなる。島の恋愛・性交も相変わらずで、60歳を目前にした島の絶倫ぶりは、同世代の読者へ夢と希望を与えた。。。

ついに・・・

常務島耕作

引き続き常務になった島の中国担当としての活躍が実り2006年専務に昇進し連載が終了した。

島の若いときの物語も描かれている。。。
ヤング島耕作

この作品で 島の出身地が、作者と同じく山口県岩国市であることが明らかにされた。


現在は

専務島耕作

専務取締役になり中国を担当するほか、アメリカ担当も兼任することになった物語と 主任になった若いとき編とが同時に進行している!!!

最後は 「取締役代表 島耕作」か 「社長 島耕作」あるいはクーデターが起き、島が失脚、退職・・・
そして、新たに起業して「起業家 島耕作」
はたまた 政界に進出して 加治隆介と出会う・・・
なんてのも面白いかも・・・

はぁ~~~長くなってしまった・・・(笑
マンガ | 投稿者 ぽる 12:33 | コメント(8) | トラックバック(0)

課長 島耕作!

課長島耕作

弘兼憲史作 「課長 島耕作」・・・

主人公は、団塊の世代に属し、大手家電企業「初芝電器産業」に勤務するサラリーマンである。
作品が掲載された当初の島は、どちらかといえば小心で保身を考える平凡なサラリーマン像に描かれており、作品内容もオフィスラブなどの個人的な身辺事が主たるものであった。

作品は大企業内部の派閥抗争や企業戦略に基づく経営展開などのマクロな経済世界へと舞台の主軸を移していった。それに伴い島耕作は、揺れ続ける社内派閥の動向の中でも自身の信念のみに従って行動する人物として描かれていき、度重なる苦難に直面しても、前進する意思と幸運さですべて乗り切ってしまう。

多彩な女性関係を指して、女性を単なる手段としか見ていないとする強い批判もある。。。

でも 実にうらやましい・・・こんなサラリーマンならなってみたい!!!

部長島耕作

部長になったが島の敬愛する社長が退任して、その反対派が社長となったことで、島は関連会社への出向を命じられる。しかし島は持ち前の前向きさと柔軟さで出向する先々で関連会社の経営立て直しに成功する。そして・・・

取締役島耕作

取締役になった島は、初芝電器産業の取締役として中国へ派遣されることになるが、それを通して急成長する中国経済が描かれることとなる。島の恋愛・性交も相変わらずで、60歳を目前にした島の絶倫ぶりは、同世代の読者へ夢と希望を与えた。。。

ついに・・・

常務島耕作

引き続き常務になった島の中国担当としての活躍が実り2006年専務に昇進し連載が終了した。

島の若いときの物語も描かれている。。。
ヤング島耕作

この作品で 島の出身地が、作者と同じく山口県岩国市であることが明らかにされた。


現在は

専務島耕作

専務取締役になり中国を担当するほか、アメリカ担当も兼任することになった物語と 主任になった若いとき編とが同時に進行している!!!

最後は 「取締役代表 島耕作」か 「社長 島耕作」あるいはクーデターが起き、島が失脚、退職・・・
そして、新たに起業して「起業家 島耕作」
はたまた 政界に進出して 加治隆介と出会う・・・
なんてのも面白いかも・・・

はぁ~~~長くなってしまった・・・(笑

マンガ | 投稿者 ぽる 12:33 | コメント(8) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]